食物繊維が便秘の解消に有効なことはよく知られています。1日あたり25gの摂取を目標にしましょう。

食物繊維には「不溶性食物繊維」と「水湿性食物繊維」があり、それぞれ体への作用が異なります。2種類の食物緻雑のとり方によっては、かえって便秘がひどくなることも。どちらカ←方だけをとるのは逆効果です。不溶性食物繊維2に対して、水溶性食物繊維1の割合でとるのか理想的とされています。

不溶性食物繊維
水に溶けない食物繊維で、食物繊維の大節分は不溶性です。穀類やまめ類、根菜類、きのこ類などに多く含まれ、便のかさを増して瀾を刺歌します。健康食として玄米などを食べるのはいいですか、水分をとらずに不溶性食物繊維ばかりをとり過ぎると便が硬くなり、便秘がーヒすることもあるので1主意しましょう。

水溶性食物繊維
水に溶ける食物繊維です,1り気性が高いのか特徴で、腸内で水分を吸薯して便をやわらかくし、排泄しやすくします,便に水分をためる作用があるため、その結果、腸内の善玉菌を増やす働きかあるともいわれています。昆布やわかめなどの海藻類やこんにゃく、りんごなどのくだもの類に多く含まれています。

おすすめレシビ(にんじんりんごジュース)
1.にんじん1本、りんご1佃をそれぞれ適当な大きさに切る。
2.①と水lOOmfiをミキサーで、滑らかになるまでかくはんする。
3.好みでレモン汁やはちみつを加えてもよい。






このページの先頭へ