賜内には約100種類の賜内細菌が存在し、その中でも、ビフィズス菌や乳酸菌と呼ばれる善玉菌には、賜内環境を整える働きがあります。

ビフィズス菌の栄養となる成分はオリゴ糖です。オリゴ糖は途中で消化・分解されずに腸に届き、ビフィズス菌を増殖させるブロバイオティクス作用かあるため、腸の調子を整えるのにとても有効です。オリゴ糖は、くだものや豆乳などに多く含まれ、便秘の人は1日3~5g程度摂取するといいでしょう。

また、食べ物から摂取できる賜内細菌として、乳酸菌があげられます。漬け物などに含まれ、食養腸に有効な植物性乳酸菌は、酸度の高い胃や賜でも死滅せず、生きたまま賜に届いて賜内環境を整えてくれます。

オリゴ糖や乳酸菌の入った良材を組み合わせて食べることで、効率的に賜を整えることかできます。下1己の「バナナヨーグルト」なら、バナナで食物繊維、ヨーグルトで乳酸菌、ハチミツでオリゴ糖を一度に摂取することかできます。

おすすめレシピ(バナナヨーグルト)
1.バナナ1/2本は皮をむき、食べやすい大きさに切る。
2.器にヨーグルト200gに入れ、バナナを加えて軽く混ぜる。
3.好みではちみつ適量をヨーグルの上にかけて、出来上がり。






このページの先頭へ