排便をするときには、腸に力を入れて力まなければなりません。そのときに使う重要な筋肉か腹筋です。筋を鍛えると、腹部の血行か促進され、腸のぜん動運動も起こりやすくなり、排便がスムーズになります。

1あお向けに寝て、「く」の宇型に軽くひざを立てる。両手は顕の後ろで組む。

2上体をゆっくり8秒くらいで起こし、8秒くらいで倒す。1セット10回が目標。






このページの先頭へ