腹筋力の低下が原因に運動不足の女性に増加中

「おなかか張っているのに便が出ない」という症状か特徴で、大腸全体の運動機能が低下していることが原因です。また、運動不足などによって腹筋の力か低下していると、腸を動かす力も弱まるため、うまく便を押し出せなくなります。
以前は、筋力が低下した高齢者や、胃下垂の人に多いタイプでしたが、最近では運動不足の若い女性にも多く見られるようになっています。

また、ある種の下剤を長期間にわたって使用し続けていると、腸管の神経に影響して大腸が伸びきったゴムのようになり、大腸の働きを弱めて便秘の原因にもなります。






このページの先頭へ