「生理の前に便秘になりやすい」という女性も多いでしょう。

排卵から月経までの生理前の時期は、女性ホルモンの黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌か増加します。黄体ホルモンは、自律神経を介して結腸などの消化管活動をさまたげます。また、腸の平滑筋の「刺激感受性」を低下させたり、便のもとになる大腸の内容物の水分を吸収したりする作用かあります。

このため、大腸のぜん動運動が抑制され、便か硬くなって、便秘か起こりやすくなるのです。PMS(月経前症候群)も便秘の原因のひとつです。






このページの先頭へ