少ない食事の量が原因に。ダイエツトには要注意!!

食事の量が減ることで便秘のきっかけになることもあります。食べ物が胃の中に入ると、脳がその信号を受けて、食べ物のカスを腸に送り出すよう指令を出します。その結果、腸が収縮してぜん動運動か起こり、排便を促します。

朝、忙しいからといって朝食を抜いたりすると、このぜん動運動が起こらす、排便しにくくなるのです。タイエットや食事抜き、偏食なとで食事の里か少なかったり、食物繊維の量が不足したりしていても、出すものがないために便秘になりやすいのです。






このページの先頭へ