オリゴ糖


賜内には約100種類の賜内細菌が存在し、その中でも、ビフィズス菌や乳酸菌と呼ばれる善玉菌には、賜内環境を整える働きがあります。 ビフィズス菌の栄養となる成分はオリゴ糖です。オリゴ糖は途中で消化・分解されずに腸に届き、ビフィズス菌を増殖させるブロバイオティクス作用かあるため、腸の調子を整えるのにとても有効です。オリゴ糖は、くだものや豆乳などに多く含まれ、便秘の人は1日3~5g程度摂取するといいでしょう。 また、食べ物から摂取できる賜内細菌として、乳酸菌があげられます。漬け物などに含まれ、食養腸に有・・・

食物繊維


食物繊維が便秘の解消に有効なことはよく知られています。1日あたり25gの摂取を目標にしましょう。 食物繊維には「不溶性食物繊維」と「水湿性食物繊維」があり、それぞれ体への作用が異なります。2種類の食物緻雑のとり方によっては、かえって便秘がひどくなることも。どちらカ←方だけをとるのは逆効果です。不溶性食物繊維2に対して、水溶性食物繊維1の割合でとるのか理想的とされています。 不溶性食物繊維 水に溶けない食物繊維で、食物繊維の大節分は不溶性です。穀類やまめ類、根菜類、きのこ類などに多く含まれ、便のか・・・



このページの先頭へ