便秘には、腸に元気を与える乳酸菌をとることが大切です。

ヨーグルトやチーズといった動物性乳酸菌に対し、日本人の生活には昔からみそやしょうゆ、漬け物の中に「植物性乳酸菌」が広く存在しています。

この植物性乳酸菌は、体の中で消化の過程で死滅しにくく、腸まで生き残って活躍する確率が高く、動物性乳酸菌より日本人の体に合った乳酸菌といえます。

野菜の種類はどんなものでもかまいませんが、京都の「すぐき」やしば漬け、ぬか漬けには、植物性乳酸菌の存在を確認しました。このような漬け物を食べて、腸に元気を与えましょう。

植物性乳酸菌を有効にとるポイントは、食後に小皿1杯を食べることです。空腹だと、胃酸などで乳酸菌が死滅することもあるからです。

その意味で、食後にお茶とおしんこという習慣は、便秘解消にとてもいいと思います。なお、化学調味料を使った「味だけは漬け物」に植物性乳酸菌は存在しません。信頼できる漬け物屋さんを探すか、ご自分でぬか漬けを作るとよいでしょう。






このページの先頭へ