排怪力を高めるには、「うんち力」をつける必要があります。うんち力には、①うんちをつくる力、②うんちを育てる力、③うんちを出す力、の3つがあります。

よいうんちをつくるには、善玉菌をふやす「ヨーグルト」を忘れてはいけません。乳酸菌やビフィズス菌がたっぷり含まれており、排便力を高めるにはもってこいの食品です。

じつは私かきちんとヨーグルトを食べ始めたのは、50歳を過ぎてから。昔から肉や揚げ物といった油っこい食べ物ばかり食べていて、野菜やヨーグルトといった腸内環境をととのえる食品は大嫌い。まったく食べていませんでした。

当然、体重は年々ふえる一方で、50歳のときはなんと82㎏にまでふえ、当時の体は「病気のデパート」状態。これではいけないと、食生活を肉食から野菜中心に切りかえ、ヨーグルトを毎日500g食べるようになりました。

毎朝1時間のウォーキングも始めました。すると、半年で体重が6㎏滅。以前は1㎏あたり1億個あった腸内の悪玉菌も減少して、うんちのにおいやおならのにおいも薄らいできました。うんち力がついたのです。

私はいまでも、毎日500gのヨーグルトを必ずとるようにしています。そのまま食べることもありますが、最近はシェイクしてドリンク状にしたヨーグルトをそのまま一気飲みするようにしています。このほうがとりやすいからです。

便秘とは無縁の丈夫で健康な腸をつくるために、ぜひ皆さんも「ヨーグルトの一気飲み」を試してみてください。もちろん、ヨーグルトだけでなく、野菜もとり、適度な運動を心がけることはいうまでもありません。






このページの先頭へ