バナナは「甘いので太る」と思われがちな果物ですが、じつは1本86KCalと低カロリーなフルーツです。そのうえバナナに多い食物繊維には、血圧を下げたりコレステロール値を低下させたりする働きもあります。食物繊維は、満腹感をもたらしますし、便秘を改善する効果もあるので、ダイエットしたい人にもぴったりです。

このように、便秘解消・ダイエット効果のあるバナナは、焼くことで水分がとばされて量が少なくなり、さらに効率よく栄養をとることができるようになります。焼くと甘みが増すので、ダイエット中で甘みがほしいときに食べるのもよいでしょう。さらに、焼くことでオリゴ糖もふえ腸から吸収されやすくなるので、腸内の善玉菌も大幅にふえます。

焼きバナナはいつ食べてもかまいませんが、おすすめは朝食がわりにとること。朝忙しいときでも焼きバナナとあたためた牛乳があれば、栄養のバランスが簡単にとれます。また、朝にとれば新陳代謝が高まって、1日の活動の子不ルギー源に最適だからです。

とる量は、体調維持が目的なら1日1本で十分。便秘などの悩みの症状を改善したいなら2本食べるとよいでしょう。

種類は問いませんが、然して黒い斑点(シュガースポット)がたくさん出る時期のバナナを選ぶとよいでしょう。免疫力を高める効果が強くなることが、動物実験で明らかになっているからです。善玉菌がふえれば、腸の調子がととのえられて、便秘の改善、免疫力の向上、美肌にも大きな効果を発揮します。






このページの先頭へ