食事量の減少、腸の筋肉低下、胃腸を弱らせる副作用のある薬の服用などの理由から、高齢者は便秘に陥りやすくなります。しかし、医師は、便秘の高齢者に安易に下剤を処方しません。すでに薬をたくさん飲んでいる人にさらに薬を処方するのはよくないうえに、下剤の刺激によって腸の働きがさらに弱まることも考えられるからです。

私はこれまで、便秘で悩む高齢の人に、薬よりも先に「ドライプルーン」「小麦ふすま」「スポーツドリンク」をとるようにすすめてきました。これらは、意外なほど便秘によく効きます。科学的な実験結果ではありませんが、私の印象では10人中7~8人の確率で、よい効果があらわれています。

食事量が減りがちな高齢者の便秘解消には、食物繊維の摂取が大切です。プルーンには100g中7・2g、小麦ふすまには同じく41・7gの食物繊維が含まれています。

便秘の解消には水分の補給も欠かせません。これに役立つのがスポーツドリンクです。「ポカリスエット」などのスポーツドリンクは、熱中症などで脱水状態に陥った際に用い

る点滴とほぼ同様の成分です。全身にミネラルや水分を補給し、点滴よりも手軽に摂取でき、おだやかに吸収されるため、体にやさしいという利点もあります。

腸機能が弱く、便秘と下痢を繰り返す症状の人は、とくに心がけてスポーツドリンクを飲むとよいでしょう。脱水症状が改善できます。






このページの先頭へ