「ミルク(牛乳)」は、良質の動物性タンパク質のほか、ほとんどすべてのビタミン・ミラルを含む、優秀な健康ドリンクです。しかし、じつはビタミンCと食物繊維が含まれていません。そんなミルクにとって、「青汁」は最高の伴侶といえる存在。青汁をミルクに加えれば、ビタミンCや食物繊維をプラスすることができるからです。

また、この2つをあわせてとると、それぞれを単独でとるよりも栄養素の吸収効率がよくなり、相乗効果も見込めます。たとえば、カルシウムは、マグネシウムと2対1の割合でとると、体に最も吸収されやすくなることがわかっています。「青汁ミルク」にはこの両方が豊富に、またバランスよく含まれています。育ち盛りの子ども、骨密度が低くなりがちな閉経後の女性や高齢者に、青汁ミルクは、とくにおすすめしたい飲み物です。

カルシウムを毎日しっかりととることは、ダイエットにもつながります。最新の研究では、カルシウムの摂取が不足すると、体脂肪も、体重もふえやすくなるということがわかっています。

肉や魚、牛乳、卵などの食品はダイエット中の女性からはとかく敬遠されがちですが、タンパク質をきちんととることこそ、筋肉量を減らさず健康的なダイエットを実現するコツということは肝に銘じてほしいものです。

カロリーが気になる人は、低脂肪乳や無脂肪乳で青汁ミルクを作るのもよいでしょう。便秘の人や外食が多い働き盛りの男性にも、野菜不足解消のために、青汁ミルクを飲んでいただきたいものです。

2つが組み合わさることで、双方の生臭さや青臭さが相殺され、とても飲みやすい味になるということも、青汁ミルクのよいところです。旬のフルーツやきな粉、ごま、五穀などを加えて、自分なりにアレンジするのもよいですね。






このページの先頭へ