わかめマヨネーズで便秘を解消

「わかめ」は、カルシウムやマグネシウム、鉄、リン、亜鉛、さらにヨードなど、海中にそれほど存在しない、人間に必要なミネラル成分を選んでとり込んでいる「海からの贈り物」のような食品です。

ミネラルのほかにも、カロテンやビタミンKをはじめとするビタミン類も合まれており、EPA系の脂肪酸も豊富。また、低子不ルギーといいことばかりです。なかでも、注目なのが食物繊維。代表的なのが水溶性の「アルギン酸」です。アルギン酸には、腸のゼン動運動を活発にして、便通をよくする働きがあります。また、ヨードによって、基礎代謝機能がアップしますから、ダイエット効果も期待できます。

アルギン酸には、血圧降下作用があることもわかっています。アルギン酸は、海中にいるときには、カルシウムと結合することによって、水に溶けないようになっています。このアルギン酸は、胃では消化吸収されず、ほとんどが腸に達します。そこで、消化管の中のナトリウムといっしょになって、アルギン酸ナトリウムとなり、水に溶けるようになる

のです。ナトリウムといっしょになるということは、ナトリウムを吸着するということ。ですから、血圧を下げる作用があるのです。また、アルギン酸ナトリウムが腸内にあると、余分なコレステロールや胆汁酸が腸壁になかなかたどりつけなくなるため、腸壁から吸収されにくくなり、コレステロール値の正常化に寄与します。

このわかめにマヨネーズをプラスすると、相乗効果が生まれます。マヨネーズに含まれる酢が、体内へのミネラル吸収をよくするのです。コレステロール値への影響も、毎日15g(大さじ1杯)のマヨネーズなら、問題はありません。

(スポンサードリンク)


このページの先頭へ