便秘には、病気が原因で起こるものもあります。「便の状態が変わった」「痛みや出血などの症状も加わった」など、ふだんと違う変化があったら要注意。慢性便秘の人も、思い当たることがあったら一度は病院を受診しましょう。

 

■腸ポリープ・大腸がん
大腸にできる良性の腫瘍が大腸ポリープ。悪性の腫瘍が大腸がんです。こうした異物ができると腸管が狭くなり、便が通過しにくくなって便秘が起こります。便を砕いて無理に出そうとするため、腸がけいれんして敏感腸タイプの便秘になったり、便秘と下痢を交互に起こしやすくなります。便に血液や粘液が混ざるときも要注意。ポリープは通常、内視鏡検査で発見と同時に摘出されます。がんが小さい場合も同様。それ以外のがんは手術で腸の一部とともに切除します。

 

■大腸憩室症
腸内に袋のようなくぼみ(憩宣)ができる病気。この憩室に便がたまり、そこから細菌に感染して炎症を起こすことがあります。この症状は、なかでも「大腸憩室炎」と呼ばれ、血便や腹痛などが主な症状。炎症を繰り返すうちに腸管が狭くなり、便通が妨げられて便秘が起こります。ほうっておくと憩室が破裂し、腹膜炎になることも。炎症や痛みを抑える治療が行われます。

 

■過敏性腸症候群
ストレスが原因で自律神経の働きが乱れ、腸が強くけいれんを起こして、便秘や下痢を繰り返すようになる病気。とくに通勤途中や会議中など、ストレスを感じたときに腹痛や下痢を起こします。腸管運動調整薬などによる薬物療法とともに、生活指導も行われます。

 

■潰瘍性大腸炎
腸の粘膜がただれたり、潰瘍ができる病気。明らかな原因はわかっていません。血便や下痢や腹痛などが主な症状ですが、敏感腸タイプのけいれん性便秘と下痢を繰り返すこともあります。食事療法や生活指導のほか、ステロイドによる薬物治療が行われます。

 

■クローン病
口から肛門までの消化管のあらゆる部位に炎症が起きる、原因不明の病気。炎症の大部分は腸に発生し、腹痛や下痢、血便、体重減少などが主な症状。敏感腸タイプのけいれん性便秘や、便秘と下痢を繰り返すこともあります。潰瘍性大腸炎と同様の治療が行われます。

 

■甲状腺機能低下症
のどにある「甲状腺」というホルモン分泌器官の機能紙何らかの原因で低下した病気。新陳代謝を促す甲状腺ホルモンが不足するため、全身の機能が低下して、便秘、疲れや冷え、むくみ、精神活動の低下などが起こります。治療には、甲状腺ホルモン補充薬を使います。

 

■子宮筋腫・卵巣嚢腫
子宮筋腫は、子宮の壁に良性のコブができる病気。卵巣嚢腫は、卵巣内にできる良性の腫瘍です。これらが大きくなると腸を圧迫して便の通りを妨げ、便秘が起こることもあります。ある時期から急に便秘になったという場合、こうした婦人科系の病気の可能性も。便秘や貧血など、腫瘍があることによる不調の治療が行われるほか、手術が必要になることも。

 

■子宮内膜症
本来子宮の内側にあるべき内談の組織が、卵巣や腹膜など子宮の外で増殖してしまう病気。子宮内裏が腸管で増殖すると、生理のたびに出血を繰り返すうちに癒着を起こし、便秘につながることがあります。ホルモン療法、手術療法などがあります。

 

■手術後の腸癒着
開腹手術の経験がある人では、手術後の傷が回復する際に、腸がほかの臓器や腹膜などにくっつき、癒着を起こしていることも。子どものころの盲腸の手術が、腸管癒薯の原因となり、それがもとで慢性便秘が起きていることもあります。

 

■痔
肛門の粘膜がうっ血して起こる「いぼ痔」、硬い便で肛門が裂ける「切れ痔」、肛門周辺にうみのトンネルができる「あな痔」がありますが、いずれも痛みを伴うため、排便を我慢して便秘が起こります。便秘で硬くなった便が、ますます痔の症状を悪化させることも。生活指導、座薬や塗り薬などの薬物治療、および手術による治療があります。

 

■結腸過長症
先天的に腸が長く、そのために不調が起きる病気で、やせた人に多く見られます。便が長い距離を移動するうちに硬くなってしまったり、腸が下垂・屈曲を起こして便の通りが悪くなり、便秘を起こしやすくなります。過敏性腸症候群と間違われやすいのも特徴。食事などの生活指導が行われます。






このページの先頭へ