6.腸にやさしい食生活


排便を促す食生活を送りましょう。食物繊維、乳酸菌、オレイン酸などか含まれた食品、食材は排便を促してくれます。りんご、納豆、オリープオイルなどかおすすめです。



5.定期的に適度な運動


ストレスによる自律神経の乱れが便秘の原因になることも。定期的な運動でストレス発散をすれば、リラックス効果て副交感神経が優位になり、腸の働きも活発になります。



4.暑い夏はこまめに水分を


腸内の水分か滅少し、便か硬くなって起きる便秘の場合には、水分補給は欠かせません。特に暑い夏は汗で多くの水分が排出されてしまうので、こまめな水分補給を心がけて。



3.朝はしっかり朝ごはん


朝食をとることで、胃が刺激され、ぜん動運勁が活発になります。朝食をとらないと、食事から摂取できる水分や、便をつくるもとが不足して、便秘の引き金になってしまいます。



2.コップ一杯の水


水を飲むこともおすすめです。水を飲むと胃か刺激され、ぜん動運動か始まって便意を促します。適度な水分補給もできて、便をやわらかくする効果もあります。



1.出かける1.5時間前に起床


腸には固有のリズムかあり、朝は腸の運動が最も活発です。外出前にリラックスして排便できるよう、朝は時間に余裕をもって起床、朝食後は必ずトイレに行くようにしましょう。






このページの先頭へ