デトックスサプリメントを利用して便秘による排出力不足を補う


私たちは、意識しないうちに、食物添加物や残留農薬などを含む食品を食べています。これらは本来なら、汗、尿、便、爪、髪として排出されるものですが、毒素の摂取量が多すぎたり、便秘などで毒素がたまりすぎると、排出力が衰えてきます。そこで、これらの毒を日々の暮らしのなかで少しずつ排出していく「毒出し」が注目されています。 毒出しの基本は、次の3つの生話術にあります。 ①朝晩、水を飲む。②無農薬、有機栽培など安全な食材を選ぶ。③ストレスをためない。 さらにこの手助けとして活用していただきたいのが、「デトック・・・



毒出しジュースで半日断食をすれば腸はきれいになる


私たちは知らず知らずのうちに、食品添加物や農薬などの化学物質を体内にとり込んでいます。健康な体では、これらが解毒器官である肝臓で代謝され、尿や汗、便として体外に排出されていきます。ところが、飲みすぎや食べすぎの積み重ねによって、肝臓に脂肪がつくと、排出がスムーズに行われず、毒素がどんどん体内にたまっていきます。また、血液も脂肪でドロドロになっていきます。そこで注目されるのが「断食」です。 食事を断つことで血中や肝臓の脂肪を代替エネルギーとして消費させ、サラサラになった血や肝臓の本来の働きで体内の・・・



圏内洗浄で老廃物やお腹にたまったガスを洗い流す


「腸内洗浄」は体にたまった毒素を排出するプログラムです。体にたまった毒素は、新陳代謝を低下させ、体をさびつかせる活性酸素の原因になります。 体内の毒素が排出される方法としては、便で60~70%、尿で20%、残りは汗や髪、爪などがあげられます。つまり便を出すことが、毒素を排出する最良の方法なのです。 腸内洗浄は、肛門から専用ホースを使って温水を出し入れすることで、自然な排泄を促します。においも音もせず、直接ふれるものはすべて使い捨てなので衛生的です。 また、個人差はありますが、下剤とは違い、3~4・・・



ガゴメ昆布で便はどっさり、血糖値やコレステロールも下がる


「ガゴメ昆布」は、7月下旬から8月末に北海道の函館を中心とする道南地方でとれるこんぶです。がごめこんぶを紹介するのは、「フコイダン」がほかの海藻にくらべて多く含まれているとわかったからです。フコイダンとは、水溶性の食物繊維の一種で、もずくやめかぶなどの海藻類の特徴である、ヌルヌルの正体です。 水溶性食物繊維は、水に溶けて、いっしょにとった食べ物などの水分を抱き込んでヌメリ成分になります。このヌメリ成分は小腸から大腸での栄養素の吸収スピードをゆるやかにしてくれます。また、食べ物が腸から体外に排出さ・・・



わかめマヨネーズで便秘を解消


「わかめ」は、カルシウムやマグネシウム、鉄、リン、亜鉛、さらにヨードなど、海中にそれほど存在しない、人間に必要なミネラル成分を選んでとり込んでいる「海からの贈り物」のような食品です。 ミネラルのほかにも、カロテンやビタミンKをはじめとするビタミン類も合まれており、EPA系の脂肪酸も豊富。また、低子不ルギーといいことばかりです。なかでも、注目なのが食物繊維。代表的なのが水溶性の「アルギン酸」です。アルギン酸には、腸のゼン動運動を活発にして、便通をよくする働きがあります。また、ヨードによって、基礎代・・・



はちみつ緑茶の整腸作用と抗酸化力で腸の働きを正常化!


「はちみつ緑茶」は、緑茶にはちみつを溶かしたもの。一見ミスマッチに思えるかもしれませんが、はちみつと緑茶は、腸の調子をととのえ、便秘を解消するには、うってつけのとり合わせなのです。 はちみつには、グルコン酸が豊富に含まれています。グルコン酸は、腸内の善玉菌であるビフィズス菌のえさになる成分。グルコン酸が腸に届くと、腸内のビフィズス菌が増加するおかげで、腸の働きが活発になり、消化吸収や腸のゼン動運動が促されます。 緑茶は、カテキンやタンニンといった抗酸化成分が含まれています。これらの成分は、細胞に・・・



しそ茶で気のめぐりをよくして胃腸の働きを高める


しそ特有の芳香成分には「シソアルデヒド」と呼ばれる精油成分が含まれており、気をととのえる効果があります。東洋医学では、気のめぐりが悪くなると、体液や血液の流れも悪くなり、胃腸の働きが低下して便秘などにもなりやすくなると考えます。そこで、気のめぐりをよくして胃腸の働きを高めれば、便秘改善にもなる。「しそ茶」はそれに役立ちます。 ■しそ茶の作り方 1.水洗いした赤じそ(青じそ)を新聞紙の上に広げ、風通しのいい日陰で3日間ほど乾燥させる。 2.カラカラに乾燥したら、適当な大きさに切る。 3.やかんに1・・・



食物繊維が腸をととのえ、便通を改善


れんこんは不溶性の食物繊維が非常に豊富で、便通をよくします。この薬効を高めるのにおすすめなのが「れんこんの葉のお茶」です。 一般にはなじみがありませんが、漢方では乾燥させたれんこんの葉が「荷葉」という名の生薬として健胃、肥満、暑気あたり、食欲不振、下痢など、胃腸活力を高めるものとして、幅広く利用されていますし、れんこんの産地では葉っぱをお茶に加工したものが「れんこん茶」として飲まれています。 れんこんの葉にはビタミンCがパセリの2倍、いちごの5倍含まれ、れんこん茶には緑茶の約8倍のビタミンCが含・・・



とうもろこしのヒゲ茶で排尿・排便をスムーズに


あなたはとうもろこしを食べるとき、「ヒゲ」の部分をどうしていますか?・ じつはこのヒゲは「南蛮毛」といい、中国では昔から漢方薬として、また、欧米でも「コーン・シルク」と呼ばれ、身近な民間薬として利用されてきた歴史があります。 中国政府発行の薬典『中華人民共和国莉典』によれば、南蛮毛は利尿薬、利胆薬としてのほか、腎臓病、肝炎、脚気、糖尿病などの治療薬としても有効であるとされています。そのなかでもとりわけ期待できるのが、利尿効果です。実際、南蛮毛を煎じた「とうもろこしのヒゲ茶」を飲むと、人によっては・・・



黒スープで便秘や肥満を解消!


「黒スープ」とは、黒豆・黒米・黒ごまで作るスープのこと。見た目は真っ黒ですが、食べると3種類の黒い食品の風味が広がり、とてもおいしいスープです。じつはこのスープ、便秘や肥満、生活習慣病に悩む現代人を救うすばらしいパワーをもった食品なのです。それぞれの栄養成分を説明しましょう。 「黒豆」にはレシチンやイソフラボン、サポニン、アントシアニンといった成分が豊富に合まれています。 「黒米」は「抗酸化ビタミン」とも呼ばれるビタミンE、鉄やカルシウム、マグネシウム、亜鉛などのミネラルが豊富。栄養成分のバラン・・・



便秘解消を体質改善につなげる


「さらさらスープ」を食べた患者さんのほとんどは、不快症状の改善とともにダイエット効果を実感しています。それもそのはず、肩こりゃ冷え症などの不快症状の多くは体にたまった毒素が原因。本来なら、便として体外に出ていくはずの毒素が腸内にたまって害を与えているのです。 さらさらスープは野菜がたっぷり入っているので、便通がよくなります。これが毒素排出、肥満解消、体質改善につながります。野菜のうまみがたっぷり溶け込んでおいしく、あっさり昧で飽きがこないのでダイエットとしてつづけられるのです。 さらさらスープの・・・



根葉パワーで万病撃退!


漢方では花、実、菜、茎、すべての部分に薬効があるすぐれた生薬として、古くから珍重されてきた「れんこん」には食物繊維やビタミンC、カリウムなどが豊富。食物繊維には、腸の中をきれいに掃除して、使といっしょに悪玉コレステロールを排出する効果があります。ビタミンCは、病気に対する抵抗力を高めます。れんこんには100g中、48曙も含まれており、この量はレモン(果汁)に匹敵するほど豊富です。カリウムには利尿作用があり、高血圧を防いでくれます。 「にんじん」には、β‐カロテンのほかにも、ビタミンB・C・E、カ・・・



黒糖きな粉くず湯で水分代謝をアップ。排尿と排便のトラブルを改善する


黒糖、きな粉、くずを効率よくとるために考えられたのが、「黒糖きな粉くず湯」です。 この3つの良材はとても相性のよい組み合わせです。黒糖には体の中の水分を動かして排泄する働きがあるのに対し、きな粉とくずには、適にため込む性質があるからです。したがって、これら3つをいっしょにとると、それぞれがバランスよく働いて体内の水分代謝がよくなり、むくみや排尿、排便のトラブル改善に役立つのです。 さらに、栄養バランスもよいので、ダイエット食品としてもおすすめです。くず湯は満腹感があるので、食事の前に飲んでおくと・・・



便秘解消がら骨密度アップまで毎朝1杯の青汁ミルクが効く


「ミルク(牛乳)」は、良質の動物性タンパク質のほか、ほとんどすべてのビタミン・ミラルを含む、優秀な健康ドリンクです。しかし、じつはビタミンCと食物繊維が含まれていません。そんなミルクにとって、「青汁」は最高の伴侶といえる存在。青汁をミルクに加えれば、ビタミンCや食物繊維をプラスすることができるからです。 また、この2つをあわせてとると、それぞれを単独でとるよりも栄養素の吸収効率がよくなり、相乗効果も見込めます。たとえば、カルシウムは、マグネシウムと2対1の割合でとると、体に最も吸収されやすくなる・・・



プルーン+小麦ふすま+スポーツドリンクで高齢者でもお通じが得られる


食事量の減少、腸の筋肉低下、胃腸を弱らせる副作用のある薬の服用などの理由から、高齢者は便秘に陥りやすくなります。しかし、医師は、便秘の高齢者に安易に下剤を処方しません。すでに薬をたくさん飲んでいる人にさらに薬を処方するのはよくないうえに、下剤の刺激によって腸の働きがさらに弱まることも考えられるからです。 私はこれまで、便秘で悩む高齢の人に、薬よりも先に「ドライプルーン」「小麦ふすま」「スポーツドリンク」をとるようにすすめてきました。これらは、意外なほど便秘によく効きます。科学的な実験結果ではあり・・・



便秘解消やダイエットにも役立つゴーヤジュースは飲む治療薬


ゴーヤに含まれる苦み成分モモルジシンは、大腸壁を剌激し、腸の蠕動運動を活発にするため便秘の予防や改善にも効果的です。 ゴーヤには、ビタミンCやカロテン類、キサントフィル類といった高い抗酸化作用をもたらしてくれる成分も豊富。このおかげで、高血圧、高血糖、高コレステロールなどが防止され、生活習慣病の予防にも役立つのです。そのうえ、皮膚を紫外線から守ってくれるので、美肌づくりにもおすすめ。このほか、目の疲れを防いだり、加齢性白内障の進行を抑えたりするなどの効果もあります。 このようにすばらしい効果のあ・・・



排便力を高めるにんじんのパワーをさらに高めるにんじんの酢油かけ


腸から便を出す力がつくと、便秘や肌荒れがよくなると同時に減量効果が期待できます。たまっていた便がなくなり、ぽっこりお腹がすっきりして、下腹やせも実現します。 また、便秘が治ると、全身の新陳代謝が活発になります。すると全身の血涙もよくなります。血涙がアップすれば、腸の免疫力が高まってさらに便秘しにくい体質をつくることができます。そんな体の好循環をつくるため、おすすめするのが「にんじんの酢油かけ」です。にんじんを乱切りにして酢とごま油と黒こしょうを少しまぜるだけの簡単な食べ物で、一度食べると病みつき・・・



新鮮なフルーツと窯跡で作るフルーツ酢で便秘を改善


キウイなどのフルーツには、私たちの体を健康できれいに維持する成分がぎっしりと詰まっています。まずは便秘改善の代表選手、食物繊維。便といっしょに脂肪や体の毒素も排出してくれるため、便秘解消、ダイエットには欠かせません。 酢もダイエット、健康効果が高い食品です。これは、酢に豊富に含まれるアミノ酸のおかげです。たとえば、フェニルアラニン、バリンというアミノ酸には食欲を抑える働きがありますし、アルギニンやリジンは、成長ホルモンがつくられるのを助け、脂質やタンパク質、糖質などの代謝を便して、体重増加やコレ・・・



きんかん+お酒の相乗効果で高血圧や高脂血症、便秘を撃退!


「きんかん」には食物繊維やカリウム、カルシウムなど栄養素がたっぷり含まれています。 食物繊維は、水溶性と不溶性の繊維がバランスよく含まれています。水溶性は血液を浄化し血中コレステロールを低下させます。不溶性には整腸作用があるため、便秘解消が期待できます。 さらに、大腸ポリープ、大腸がんの予防にも役立ちます。便や老廃物が体外へ排出されれば、腸がきれいになり免疫カアップにもつながります。血のめぐりがよくなり、便秘が解消すれば、冷え症や肌荒れの改善といった2次的な効果も生まれます。 カリウムは高血圧の・・・



アボカドの食物繊維と豆腐のオリゴ糖がダブルで腸を刺激。お過しを促す


アボカドは、「世界一栄養価の高い果物」としてギネスブックに紹介されているほど栄養満点の果物。少量でも満腹慾を得られ、効率よくエ不ルギーを摂取できるうえ、疲労回復物質であるビタミンB1やB2も豊富です。 しかし、アボカドにはもうひとつ意外な特徴が隠されています。食物繊維です。アボカドのねっとりとやわらかい食慾からは想像しにくいかもしれませんが、アボカドに含まれる食物繊維の量は、食物繊維が多いとされるキャベツの3倍にも及びます。そして、この豊富な食物繊維が、お通じを促し、便秘解消に効果を発揮してくれ・・・






このページの先頭へ