なまけ腸タイプ


□便意をあまり感じない □便が硬くて太い □残便感がある □市販の下剤をのんでも痛みを伴わない □運動不足ぎみ   このタイプでは、腸のぜん動運動が全体的に弱くなっています。そのため便意もあまり感じませんし、排便しても充分に出し切れず、残便感があります。運動不足で腹筋の弱い人に多いのも特徴。対策としては、筋力不足などで弛緩している腸を引き締め、ぜん動運動を活発にするような運動や刺激を与えるのが効果的。   ■腸を引き締める運動を 腸をかるくねじったり、揺する運動によって、な・・・



無反応腸タイプ


□便意をあまり感じない □便がコチコチに硬い □痔がある □朝はいつも忙しい □外出先では排便できない   女性の場合、家族の朝食の準備や外出のしたくに追われ、便意が起きてもトイレに行く余裕がないことも多く、これが無反応腸タイプの大きな原因になります。外出先でトイレに行くことを恥ずかしがったり、痔が痛むため、排便を我慢してしまって起きるケースも。便意を我慢しないとともに、便意が起こるような方法を見つけることが大事です。   ■起き抜けに一杯の水を 目覚めてすぐ、起き抜けに水を・・・



敏感腸タイプ


□おなかの痛みや不快感がある □便がコロコロしている □便秘と下痢を繰り返すこともある □やせて体力がない □精神的な緊張が多い   腸が長くて下垂したり、結腸がねじれている人の場合、折れ曲がっている部分で便が滞るため、細かく砕いてなんとか通そうと、揚が過剰に動いてけいれんを起こします。また、精神的なストレスで揚が緊張し、けいれんが起きることも。リラックスして腸の緊張をほぐすとともに、けいれんを助長するような食事を控えましょう。   ■腹式呼吸でリラックス 意識的にゆったりし・・・






このページの先頭へ