「胃に食べ物が入ると、大腸かうねうねと動き出し、便を移動させる運動、ぜん動運動カ始まります。これを「胃・大腸反射』といいます。この反射によって、消化された食べ物が小腸、大腸へ送られます。S状結腸から直腸に便が一定量たまると、「直腸反射.‘および便意が起こり、脳に信号が送られ、脳の指令から、排便か起こります」

便意は、空っぽの胃に食べ物か入った朝食後に起こりやすいです。

①メカニズム
胃の中に食べ物が入り、胃壁か伸びると反射的に結腸が動きはじめます。

②メカニズム
S状結腸に便か一定量たまると、便か直腸に送られ、流麗の壁が刺激されます。その刺激により、「直腸反射」という便意が起こります。

③メカニズム
直腸からの信号が脊髄を経て大脳に伝わると、そのときの状況で、「ガマンする」「いきむ」のどちらかが選択され、排泄の指令が出されます。

④メカニズム
排泄の指令か出ると、腹筋か収縮し、腹圧がかかって、便が直腸に流れ込み、直腸か収縮して肛門か反射的に間き、排泄にいたります。






このページの先頭へ